浮気調査を行う方法と裁判での有力な証拠集め|探偵で旦那の浮気を見破った7つの方法【旦那の浮気探偵相談室】

浮気調査を行う方法と裁判での有力な証拠集め

相手の素行はいつでも気になることです。財布の中身を調べて自分なりに調査することも可能です。裁判になるときのことも考えるとさまざまな証拠を保管しておきましょう。慰謝料請求するには不倫を決定ふける証拠が要ります。

レシートとクレジットカードの利用明細

浮気調査をする方法には探偵に依頼するか自分で実施するかの2つの方法があります。自分で行う場合は夫あるいは妻の財布の中を調べることから始めましょう。重要なものはレシートです。ホテルのレシートがあれば浮気相手と行った可能性があります。この場合は場所も特定しておきます。このレシートはそのまま保管しておけば相手にばれる可能性がありますので、写真を撮って保管した方がおすすめです。レシート以外であればクレジットカードの利用明細も確認すると良いでしょう。浮気をしているとお金がかかりますので、普段よりも出費が増加しているかどうかを見ます。

事実関係を確認する上で重要なものは日記

浮気調査をする上で重要なことは、後々の事実確認をするときにいかに証拠を持っているかということです。レシートのコピー以外にも日記も大きな武器になります。日記に書く内容は日々の自身の生活ではなく、夫あるいは妻の帰宅時間を細かく書きます。遅く帰ってきたときにはその理由を聞いてから日記に書きましょう。これで後々の事実関係を確認し合うときに有利になります。また、携帯電話のメール内容を見ることができれば、浮気相手とのやりとりを日記に記録することも大切なことです。時間がない場合は写真に撮って保管しておきましょう。

慰謝料請求における有力ないろいろな証拠

浮気調査をしている中で不倫をしている証拠を見つけたら、裁判での慰謝料請求において有力な証拠になります。レシートやメールのやりとりでは決定的な証拠になりにくいです。間接的な証拠にはなりますので、その数を増やしていくことが鍵になります。一方、ホテルから出てくる写真を撮影することができれば不倫の決定的な証拠になります。証拠写真とともに浮気相手の素性を把握しておけば浮気相手にも慰謝料請求することができます。専門業者に依頼して調査してもらいましょう。慰謝料の金額を引き上げるには、証拠写真以外にも日記の中でどれだけ精神的に傷ついたかを書いておくことも大切です。

まとめ

浮気調査をするときには相手の財布にあるレシートと利用明細が重要です。また、後々の事実関係を調べるときに役立ってくれるのが日記です。さらに、裁判で慰謝料請求をするときに不倫を決定付ける証拠写真があります。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所はスピーディに調査を行ってくれます。また、利用料金なども比較的安く、費用に不安があるという方でも楽に利用できます。電話やメールでの対応も行われているため便利に利用することができるでしょう。

HAL探偵社

HAL探偵社は詳細な内容から調査結果を導きだしてくれる事務所で、効率よく動いてくれるため費用が増え続けるという心配がありません。問い合わせなどで利用のための情報を詳しく聞くことができますので利用のハードルを高く感じずに済むでしょう。