浮気調査の事前確認方法と実際の証拠集め|探偵で旦那の浮気を見破った7つの方法【旦那の浮気探偵相談室】

浮気調査の事前確認方法と実際の証拠集め

浮気調査を自分で行う場合には相手にバレるリスクが伴います。相手がそれを発見したときには信頼性を失ってしまう可能性があります。そのため、慎重に行う必要があります。もちろん、不倫をしていない誠実な人の場合は、相手にそのようなことをさせて反省する可能性もあります。

証拠を集めていくことが肝要です

浮気調査を行うときにはなかなか不倫の証拠を掴むことが難しいです。そこで、少しずつ証拠になりそうなものを集めていくことがおすすめです。たとえば、相手の携帯電話のメールのやりとりや、今ではLINEやフェイスブックなどのやりとりを確認することです。これらを調べることで相手とどこで何をしているのかを把握します。特に、どこのホテルを普段使用しているかや、次にどこのホテルに行くかを書かれている場合はメモをしておきましょう。当日にホテルの現場で待ち合わせてホテルから出てくるところを写真で撮影することができれば不倫の決定的な証拠になります。

事前に不倫をしているか確認してみましょう

浮気調査をする前に相手が本当に浮気をしているのかを事前に確認する必要があります。それというのも、なんとなく浮気をしているんじゃないかと思って調べていることがバレたときには、信頼を失う可能性もあるからです。念のため事前確認をして不倫の可能性があることを確認した上で浮気調査をしましょう。たとえば、急に携帯電話にロックがかかるようになったり、休日出勤が増えたり、クレジットカードの利用金額が急に増加することなどがあります。特に、休日出勤にかこつけて不倫をしている人が多いので、休日出勤をすると相手が言ったときには詳細に聞いてみましょう。

証拠を集めたらコピーか写真で保管すること

浮気調査をする上で重要なものはホテルから不倫相手と出てくるところを撮った写真が決定的に重要になります。それ以外にもツーショットのプリクラ写真、ラブホテルのレシートなども重要になります。ただし、注意点もあります。これらの現物を発見しても証拠物件として自分で保管しないことです。現物がなくなった場合、相手は警戒心を持ちます。そのため、写真に撮っておいたりコピーをするなどして保管しましょう。ちなみに、証拠物件を探すときには夜がおすすめです。夫が寝たことを確認してから行動するとばれません。物音に注意しながら行いましょう。

まとめ

浮気調査をするにはリスクが伴いますので、事前に相手が不倫をしているか確認しましょう。不倫の可能性が高いと判断したときは少しずつ証拠を集めていきましょう。実行するときは夫が寝静まった夜中がもっともおすすめです。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所はスピーディに調査を行ってくれます。また、利用料金なども比較的安く、費用に不安があるという方でも楽に利用できます。電話やメールでの対応も行われているため便利に利用することができるでしょう。

HAL探偵社

HAL探偵社は詳細な内容から調査結果を導きだしてくれる事務所で、効率よく動いてくれるため費用が増え続けるという心配がありません。問い合わせなどで利用のための情報を詳しく聞くことができますので利用のハードルを高く感じずに済むでしょう。