浮気調査にかかる時間はどのくらい必要か|探偵で旦那の浮気を見破った7つの方法【旦那の浮気探偵相談室】

浮気調査にかかる時間はどのくらい必要か

浮気調査の費用に大きく関係しているのは、やはり調査にかかる時間です。調査費用の算出には調査員の数×調査時間という式を採用しているため、依頼してからどれだけの時間を消費するのかが調査費用を安く済ませるための大切な鍵となります。勿論、すべてこの限りではありませんが、時には換算できない難しさや、特殊な機材を使用しての調査となれば、たとえ1時間調査を行おうとも値段は大きく変わります。

浮気調査にかかる平均的な時間は

浮気調査に掛る平均日数はおよそ3日と言われていますが、この三日で消費する調査時間は、おおよそ18h程度です。しかし、現実には調査日3日、調査18hという数字で結果が出れば良いほうかもしれません。実際には調査期間が1週間から2週間も掛る人までいるのが現実です。時間がかかる理由にはホテルの出入りに関しても、ホテルに入っただけでは証拠とは言えません。それは結婚相手以外の異性との性行為を証明するには、ラブホテルや浮気相手の自宅などに入った後、性行為が行われていたと推測できるだけの時、おなじ密室内に居た映像が必要になってくるからです。密室に入ったのち、最低でも2hは張り込みを行い、その後建物から出てくる姿までを確認する必要があるのです。

こちらの思惑通りに対象者が動くとは限らない

浮気調査を行う時、一番問題となるのは、調査日に確実に対象者が浮気をしてくれるのかどうかです。大抵はそんなに簡単にいきません。もしも調査を入れた日に浮気相手と接触してラブホテルに入ってもらえれば、調査は3日も必要とせず、1日たった6h程度で調査が終了し、かなり幸運です。当然ながら調査日に対象者が浮気相手と接触しないこともあり得ます。それが次の調査日も、さらにまた次の調査日もと空振りが続いてしまうことだって容易に予想が出来ます。そうなれば、無駄に調査時間はどんどんと積み重なってしまいます。この事態を完璧に防ぐ手立ては、今のところ存在していません。

調査にかかる時間を少しでも短縮するためには

短縮するためには調査能力のある探偵社を探すことと依頼者側で行える情報集めを行うというこの2つが不可欠です。調査能力のある無しに関しては、業界大手の事務所に依頼することで殆ど解決してしまいます。大手探偵社の調査能力はそれほど大きな違いがないので、特に困ることは無いです。けれど、依頼者が対象者に関する情報をどれだけ集められるかは、調査に関する知識をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目となります。効率良く調査を行い、無駄な費用を使わないためにも、浮気調査に関する情報は事前に仕入れておくと少しでも時を短縮することが出来るでしょう。

まとめ

できる限り浮気調査料金を抑えられる方法を知りたい方、手頃な料金で明瞭な会計で調査してくれる探偵にお願いしたい、浮気調査料金の具体的な金額が知りたいなど素朴な疑問は、遠慮せず無料相談などを利用してみると少しでも不安が取り除けるでしょう。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所はスピーディに調査を行ってくれます。また、利用料金なども比較的安く、費用に不安があるという方でも楽に利用できます。電話やメールでの対応も行われているため便利に利用することができるでしょう。

HAL探偵社

HAL探偵社は詳細な内容から調査結果を導きだしてくれる事務所で、効率よく動いてくれるため費用が増え続けるという心配がありません。問い合わせなどで利用のための情報を詳しく聞くことができますので利用のハードルを高く感じずに済むでしょう。